これまでの活動

経緯概略

2008.11
九反田文化サロンにて終末医療を考える会を医療関係者、介護施設、大学教授、新聞記者、NPO関係者が集まる。EPAについての各人の認識を諮る。
2009.1
高知県がインドネシア介護士受け入れ推進県となることを提唱する。
2009.7
徳島(健祥会)インドネシア介護士候補生の実態を視察する。
2009.8
内田理事長にインドネシア介護士候補生受入れを打診する。
2009.12
インドネシア介護士、看護師候補生受入れを検討する。
2010.2
インドネシア介護士、看護師候補受入れ状況を模索する。
2010.4
10月よりインドネシア看護師候補生を受入れることが確約される。
2010.4
10月より受入れてくれる明徳義塾と協議していく。
並行して、送り先のインドネシア福祉友の会と連絡を密にする。
2010.5
高知県知事にインドネシア看護師候補生受入れの説明に伺う。
2010.6
高知県の看護学校にインドネシア看護師候補生受入れの説明に伺う。
2010.6
高知県庁健康政策部、課長にインドネシア看護師候補生受入れの説明に伺う。
2010.7
インドネシアより10名の看護師候補生が来高し、その内3名を選抜する。
2010.8
高知・インドネシア看護師サポート会の名称を決め、インドネシア看護師候補生との契約書を作成する。並行して明徳義塾の協力をお願いする。
2010.8
明徳義塾から協力をいただくことが確約される。
2010.8,9
インドネシア福祉友の会、明徳義塾、サポート会と連携で受入れ準備にかかる。
2010.9
高知・インドネシア看護師サポート会の交流会を開催する。高知県、病院施設、高知大学、NPO関係者10数名が出席する。
2010.10
インドネシア看護師候補生3名が明徳義塾高等学校日本語コースに入学する。
2010.11
第1火曜日をサポート会の月例会とし、第3火曜日をインドネシア看護師候補生の報告会とする。
2010.12
高知・インドネシア看護師サポート会かわら版を発行していく。
2011.1
ガルーダサポータズの宮崎事務局長と情報交換を行う。
2011.6
高知・インドネシア看護師サポート会公式サイトを公開。
2011.10
インドネシア看護師候補生、第二期生(1名)が明徳義塾高等学校日本語コースに入学する。
2012.3
インドネシア看護師候補生 第一期生が明徳義塾高等学校日本語コースを卒業。
2012.4
インドネシア看護師候補生 第一期生、高知学園短期大学看護学科に入学

マスコミ掲載

高知新聞 2011.9.17

高知新聞 2011.9.17

高知新聞 2011.10.17

高知新聞 2011.10.17

 

これまでの活動報告

高知・インドネシア看護師サポート会は定期的に活動報告として、「かわら版」を発行しております。
2011年6月までの活動については以下のかわら版をご覧ください。
2011年6月〜の活動については、トピックスに掲載致します。

かわら版1号 2010.10

かわら版1号 2010.10

かわら版2号 2011.1

かわら版2号 2011.1

かわら版3号 2011.2

かわら版3号 2011.2

かわら版1〜3号をダウンロード